バッチフラワーレメディとは

バッチ博士のフラワーレメディとは、
1930年代にイギリスの医師であり細菌学者・病理学者・ホメオパシー医でもあった
エドワード・バッチ博士(1886-1936)によって完成された心や感情のバランスを取り戻すための植物や岩清水から作られた癒しのシステムです。
バッチ博士は、病気は、精神や心の不調和から起こると考え、野生の植物に心や感情を癒す力があることを発見し、1936年に38種類のバッチ博士のフラワーレメディを完成させました。イライラ、落ち込み、ショック、怒り、不安、迷いなど誰でも感じうる心の状態に対して、38種類のボトルから7種類までを選ぶことによって、害や副作用もなく本来のバランスのとれた状態に戻してくれます。


現在では、広く世界80カ国もの医療関係者から一般の人々にまで使われています。
バッチ博士のフラワーレメディは精神や感情の状態に作用するもので、体の症状に直接働きかけるものではありません。しかし、「病は気から」「心身一如」と言われるように、バッチ博士のフラワーレメディを飲み精神状態が良くなることによって、免疫力が高まり健康になったという例は今までに数多く報告されてきました。自分の性格や今の精神状態をとらえ、ふさわしいバッチ博士のフラワーレメディを選んで飲むことによって、病気を予防し、心を平安な状態に保てるよう導かれるでしょう。


バッチ博士のフラワーレメディの特長

バッチフラワーレメディは自然療法であり、全く副作用や害はなく、習慣性や依存性もありません
気軽に日常的なストレスや感情や精神のバランスを整えたり、性格や習慣の改善使うことができます。また、他の薬剤や治療法とも併用することができるのも大きな特長と言えます。
一般財団法人日本フラワーレメディセンター代表理事の白石由利奈先生によると、バッチフラワーレメディと世界中に普及している心理メソッド「NLP(神経言語プログラミング)」には多くの共通点、理念があるそうです(白石先生はNLP界でもアジア女性唯一のマスタートレーナーとして多大な貢献をしています)。

【NLPとバッチフラワーレメディの共通点・理念】
① シンプルで簡単、誰にでも使える
② 答えや真実は既にあなたの中にある
③ あらゆる行動・症状・経験には肯定的な意味・意図がある
④ どんな人にも尊い価値がある
⑤ あなたの人生には役割や使命がある
⑥ あなたのやりたいことを追求することで道が開かれる
⑦ 症状ではなく全体を見る
⑧ 過去や原因よりも可能性にフォーカス
⑨ あなた自身を自由にすること
⑩ なによりもあなた自身の人生を楽しむこと

すでにメンタルクリニックなどの医療の現場では実践されていますが、NLPとバッチフラワーレメディを併用することはあなた自身だけでなく、周りの方達にも飛躍的な変化をもたらします。
安心安全な療法なので赤ちゃんからお年寄り、妊娠中、ペットや植物にも使うことができます。