NLPとは?

NLPとは、Neuro Linguistic Programming(神経言語プログラミング)の略称で、人の心の変化やコミュニケーションのノウハウを体系的にまとめた、実践的コミュニケーション心理学と言われています。従来の心理学や言語学をもとに、目の前の会話ややりとりから人生そのものの成功や幸せにつながるスキルや技術をまとめたものです。
NLPの創始者であるリチャード・バンドラー博士が「人々がやっていることの本当の最善の部分を取り上げ、それを統合し、学べるものにしてお互いにシェアできるようにした」 というように、まさに人々のあいだで普段行われているコミュニケーションのなかからベストな方法をまとめ、学べるようにしたものです。

どんな人に役に立つのか?

1970年代にアメリカで誕生してから、世界中でセラピスト・教師・ビジネスマン・政治家・経営者・医師などさまざまな人から愛され、活用されてきました。
そして心の在り方やモチベーション、そしてポジティブ思考が求められる現代においては、NLPは歴代アメリカ大統領や世界的アスリート、カリスマ経営者から、教育界、医療や介護の現場、家族のコミュニケーションのカギを握る主婦と、まさに年配者から小さなお子様まで、「いつでも・どこでも・誰にでも」簡単に使える心理メソッドとして日々の生活を潤しています。
NLPは使う人の「こうなりたい」を実現に導くためのお役立ちツールなので、プライベートでもビジネスでも、どんな場面にも応用できて、あなたが幸せになるために寄り添い、サポートしてくれる最新心理メソッドです。

なぜNLPが世界中で愛されているのか?

NLPは1970年代の中頃、アメリカの心理学者リチャード・バンドラーと言語学者ジョン・グリンダーによって誕生しました。この2人が生みの親であり、当時活躍していた3人のセラピストがNLP研究の素となりました。
ゲシュタルト療法のフリッツ・パールズ、家族療法のバージニア・サティア、催眠療法のミルトン・エリクソンという3人の天才的セラピストのセッションを撮影・分析し、“成果を生み出す”共通の言語パターンや姿勢、声のトーンなどを抽出しました。
この3人のセラピストの優れたセッションパターンを体系化したものが、NLPのはじまりです。1980年代になるとコミュニケーションツールとして広く知られるようになり、1990年代になって日本で本格的に導入されるようになりました。今では各団体のセミナーなどで用いられ、広く普及しています。
NLPは数ある心理学の中で、最も脳科学を基に人の意識にアプローチしたコミュニケーションツールです。いつでも・どこでも・誰でも、簡単でスピーディー、そしてパワフルな効果が出る身近なコミュニケーションツールなので世界中で愛されているのです。