英国生まれの癒しのシステム
植物エッセンスを使用した自然療法
バッチフラワーレメディ体験講座

【バッチ博士のフラワーレメディとは】
1930年代にイギリスの医師であり細菌学者・病理学者・ホメオパシー医でもあったエドワード・バッチ博士(1886-1936)によって完成された、自然の花や植物や清水から作られた、38種類のエッセンスです。否定的になっていた感情のバランスを取り戻して、本来の調和したプラスの状態へと変化をもたらします。

バッチ博士は、病気は、精神や心の不調和から起こると考え、野生の植物に心や感情を癒す力があることを発見し、1936年に38種類のバッチフラワーレメディを完成させました。

イライラ、落ち込み、ショック、怒り、不安、迷いなど、誰でも感じうる心の状態に対して、38種類のボトルから7種類までを選ぶことによって、からだに負担がかかることなく、マイナスからプラスの状態へと本来のバランスのとれた状態に穏やかに戻してくれます。

バッチ博士のフラワーレメディの特長

バッチフラワーレメディは植物や清水を使った自然療法(波動療法)であり、害や副作用は全くなく、習慣性や依存性もないので、気軽に日常的なストレスや感情のバランスを整えるために、あるいは性格や習慣の改善にも使うことができます。そしてただ単に、ストレスとなっている部分を取り除くだけではなく、本来あなたが持っている良さを引き出していく作用があるので、メンタルのバランスがとれ、楽に自分らしくいることができるようになります。

【バッチフラワーレメディの特長】

① シンプルで簡単、誰にでも使える
赤ちゃんからご年配の方まで、またペットや植物にも使うことができます。

②害や副作用がまったくない
たとえ必要のないものを選んだとしても、必要な部分だけに働きかけ、害を及ぼすことはありません。つまり、科学的医学的な知識がなくても、誰にでも使えます。

③習慣性や依存性がない
バッチフラワーを使っていて、やめたから戻ってしまうというような習慣性や依存性もありません。心が安定すればいつでも止めてよく、またもしバランスを崩すようなことがあれば、必要な時に必要なものだけを使えば大丈夫です。

④他の治療法とも併用可能
どんな他の治療法や薬剤とも一緒に使うことができます。世界各国の医療現場でも使われており、病気であったとしても、併用することで回復への相乗効果が見られることも多く報告されています。

⑤予防医学・未病医学
バッチフラワーは、体の病気に直接作用するものではありません。しかし、日本でも昔から「病は気から」「心身一如」など言われるように、近年では精神神経免疫学、予防医学、未病医学など、様々な研究がなされ、多くの医師が心のストレスと病気の関連性を認めています。


すでにメンタルクリニックなどの医療の現場でも実践されていますが、バッチフラワーレメディはあなた自身や周りの方達に、飛躍的な変化をもたらします。
自分のフィーリングにあった音楽を聴くことで、気持ちが安らいだり、慰められたり、高揚したり、勇気づけられたり、楽しくなったりと、心が動かされるのは事実です。また、野菜や花を育てる時に音楽を聴かせたり言葉をかけると、その生育状態に歴然と差が出るという話は、随分と耳にするようになりました。それと同じように私たちも、草木を見たり、花を愛でることで気持ちは癒され元気をもたらしたりもします。
これらはいずれも、花や植物の持つバイブレーションが作用していると言われています。

「心の調和が保たれれば、幸せで健康な人生を送ることができる」
Dr.Edward Bach

このような効果を期待できます

◆ストレスに強くなる
同じ状況が起きても対処しやすくなります

◆性格に変化が起きる
自分では短所や欠点だと思っていたことが、こころのバランスがとれることで長所に変わってきます

◆自分を知ることができる
これまで気付かなかった自分の内面に向き合い、気持ちが整理され楽に自分らしく過ごせるようになる

◆他の人とのコミュニケーションがとりやすくなる
自分が安定していることで、まわりとも良い関係を築けるようになります

◆人生の方向性が見えてくる
植物が自分の花を一生懸命咲かせるように、レメディの花のエネルギーをとることによって、自分の花を咲かせやすくなります

◆大切なペットが健康でいられる
ワンちゃんを飼っている方は、ワンちゃんのレメディを作成することもできます

シンプルに楽に対応できるようになります
講師:松岡 玲子(心理カウンセラー)

私がこのフラワーレメディを知ったきっかけは、セミナー講師になるための研修で海外に出掛けていた時でした。
慣れない土地で、はじめてのことばかりを体験するなかで、フラワーレメディを摂取する機会がありました。その時は、説明もよく聞いてなく、ただただ摂取しながらカリキュラムをこなして帰国したのですが、海外から帰ってからの自分の様子が、いつもとは違っていました。いつもなら疲れていて、心の状態も自分のことだけで精一杯、といった感じだったのですが、何か違うのです。思っていたよりも、疲れを意識するほど感じることはなく、心の幅があることを体験しました。それがバッチフラワーレメディとの出会いです。
その後は、ペットカウンセリングでもご紹介しているように、愛犬がヘルニアになった時に、まるでお守りのようにフラワーレメディがサポートしてくれたことがきっかけで、このバッチフラワーレメディの奥深さを改めて体験し、最先端予防医療を学んでいることからも、私のバッチフラワーレメディへの追及が始まりました。 そして、朝起きてから夜眠る前まで、その都度今の気持ちと向き合うことで、細かい感情の変化を体験し、1本1本摂取することでもたらすフラワーレメディの優しく自然な調和へのより良い変化の流れをいくつも経験しました。それは私だけでなく、言葉を話さない愛犬の様子からも伺えます。
「わたしのこんなところがイヤ」「なんでこんなことを言ってしまったんだろう」は、本来の素敵な自分を知っているからです。たまたまなんらかによって、傾いてしまっているだけなのです。

体にも心にも優しい癒しのシステム、バッチフラワーレメディ。
ぜひこの機会に、人生のお守りとして生活に取り入れてみてください。

体験講座でお伝えする内容

バッチ博士の生涯を振り返りながら、フラワーレメディの特長、38種類のレメディの説明、選び方、使い方を お伝えします。当日は、ご自分のレメディを実際にお作りいただきます。

・バッチ博士のフラワーレメディとは 
・38種類のレメディについて
・長所を育むレメディを見つける
・自分へのプレゼント
 オリジナルレメディボトルを作る(特典として差し上げます)

特典

・感情をより良い状態へ優しくケアするオーダーメイドなレメディボトル(1本)
・日本フラワーレメディセンターオリジナル フラワーレメディこころの指標

参加者の声

  • K・M 様(50代・女性)看護師

    内容はもちろんいつも学ばせていただく事がたくさんあり、あぁなるほど!とね。
    小さい事から大きい事まで吸収できる、させてくれるセミナーに毎度の事ながら凄いなぁと☆ミ
    やはり場所というのは大切なんだよね、と実感しました。

  • S・H 様(30代・女性)会社員

    今朝から、ワンちゃんのご飯にフラワーレメディを入れました。そしたらなんと鳴り響く警報器の音に落ち着いてます。いつもなら、パニックで私にまとわりついてくるのに、ケージに入っているんです!
    ケージは、ワンちゃんの居場所なんです!
    ちゃーんとわかってます♪
    それにしてもこんなにも違うなんて、これは、言葉では表せません!
    鳥肌が立ってます、私\(◎o◎)/

当日の内容

・バッチフラワーレメディとは 
・38種類のレメディの説明
・作り方と使い方
(誰に、どこで、どんなときに使えるのか。心の様子やからだの症状も含めた説明です)
・レメディボトルの作成(特典としてお持ち帰りいただけます)

セミナー詳細

タイトル フラワーレメディ体験講座
講師 松岡玲子(ライフスタイル心理カウンセラー)
日時 【2019年】
8月9日(金)14:00~16:00
8月22日(木)14:00~16:00
9月11日(水)14:00~16:00
9月24日(火)14:00~16:00
10月9日(水)14:00~16:00
10月29日(火)14:00~16:00
11月10日(日)14:00~16:00
11月13日(水)14:00~16:00
12月11日(水)14:00~16:00

※終了後、座談会を行います(1時間程度)
 お時間ございましたら、ぜひご参加ください。
東京会場 コトフサロンルーム
場所 東京品川区北品川(申込後に詳細をお送りします)
対象 どなたでもご参加いただけます
定員 6名
参加費用 先着3名まで:3,000円(税込)
一般:5,000円(税込)
支払方法 銀行振込、クレジットカード払い(PayPal)
主催 CRUISE TO FUTURE(クルーズ トゥ フューチャー)