ライフスタイル心理カウンセラー
松岡玲子(Reiko Matsuoka)

日々の暮らしのなかで遭遇する大人ならではのテーマや問題を解決し、人生をいつくしみ楽しむためのパーソナルなメンタルコーディネートを提供。

幼少期に母親の過干渉、離婚、学校でのいじめなどを体験。会社を経営する祖母のもとで暮らす。その後3歳から始めたピアノで武蔵野音楽大学に進学するも、母親からの過度な干渉に困り、自立のために中退。20代前半で夜の銀座の世界に飛び込み、老舗クラブのママとして活躍。結婚後は、都心部の高層マンションにて愛犬との暮らしを楽しみながら長年ライフスタイルとしてきた健康と美容に関する自分磨きをテーマに日々を過ごす。30代後半あたりから突然眠れないほどの重度の胃炎に見舞われる。予防医療のドクターの勧めではじめたマインドフルネスを学んでいくうちに胃炎も完治。こころを磨くことが本当の意味での健康で美しいエイジレスな人生へと繋がっていることを確信し、心理の道をさらに深める。その後心理メソッドであるNLP(神経言語プログラミング)を通して、本格的にカウンセリングを始める。

悩みや問題を作り出している思い込みを見つけ、その人その人の内面からの美しさを引き出す手法には定評がある。またカウンセリング以外にも、品川、銀座を中心に、家族や職場でのコミュニケーションが楽になるセミナーや講座、感情をサポートするフラワーレメディ体験会、こころを豊かにする勉強会(グループカウンセリング)など幅広い活動を行っている。

【カウンセラーになった経緯】
母親との関係に悩み続ける人生をなんとかしたい思いから大学をやめ、家に空き巣が入ったことから夜の世界に飛び込み、銀座の老舗クラブのママを勤める。
その後、5億近い借金のある家に嫁ぐも3年で完済。義父の介護も経験する。その後、育ての親である祖母との関係にも悩むようになり、良い関係になりたいことから自分軸を育てるため、マインドフルネスの勉強に没頭。その間、疎遠だった実父から突然の連絡を受け、癌治療の看病と看取りも経験。同時期に最も心理カウンセリングを頻繁に受け、こころの在り方を学ぶ。
自分を活かした生き方がしたいことや結婚の形に疑問を持つようになり、離婚を決意。周りも驚くほどの円満な離婚をし、本格的にカウンセリングの活動をはじめる。実父の看取りと遺産問題を体験したことが、心理カウンセラーになると決めた最も大きな理由と言える。


【保有資格】
・米国NLP™協会認定NLPトレーナー
・米国NLP™協会認定NLPコーチ
・NLPミレニアムジャパン認定ライフチェンジコーチ
・日本フラワーレメディセンター認定マスターセラピスト
・愛玩動物飼育管理士

NLPコミュニケーションカウンセラー
宗 大輔(Taisuke Sou)

東京品川と福岡を中心に、コミュニケーション講座・サロンセミナー・企業研修・NLPコースを開催。
「家庭や職場で活き活きと過ごすコミュニケーション力を育てる」をテーマに、自身のユニークな経験と心理メソッドNLPの理論を併せた作り上げた「こころが楽になるNLPコミュニケーション講座」での分かりやすい語り口と面白く伝える話術は評判が高い。

1972年福岡市生まれ
早稲田大学商学部在学時に手話サークルの部長を務め、聴覚障害児との交流ボランティアなどを経験。卒業後は演劇・自主映画制作活動に取り組む。36歳で就職して、コールセンター管理職に従事し、計3,000本以上のクレームに対応。42歳で再び始めた転職活動では計22社の内定をいただく。その一方で長年、閉所恐怖症に悩まされ、飛行機などの狭い空間に苦手意識を持っていたが、44歳で始めたNLP(神経言語プログラミング)を通じて出会った国内トップトレーナーからのアドバイスにより、短期間で閉所恐怖症を克服する。2018年にはアメリカのフロリダ州オーランドまで16時間のフライトを経て、NLPトレーナートレーニングを受ける。2019年より、CRUISE TO FUTURE(コトフ)としての活動を開始する。

【保有資格】
・米国NLP™協会認定NLPトレーナー
・米国NLP™協会認定NLPコーチ 
・米国NLP™協会認定NLPビジネスマスタープラクティショナー 
・ITCファシリテーター 
・アニマルペットロス療法士
 他